忍者ブログ

painkiller_blog

仕事でwebのお仕事。プライベートで油絵描いてます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

AS2でのクラスの便利さ

いまさらながらクラス化の便利さが分かりました。
例えばムービークリップを20個ぐらい配置してそれに動きを付けるとしたらflashのアクションスクリプトの画面だけでやるとすんごく長くなる。

そこでasファイルを作ってそれに動きを付けてあげるとそれでOKなのが非常に便利

以下ソース

flaファイル1フレーム目
//配置する数
var count:Number = 30;
var i:Number=0;
//forで繰り返し
for (var i:Number = 0; i<count; i++) {
    this.attachMovie("tip","tip"+i,i,{_x:0, _y:240});
}

tipを30個配置
・・・でそのチップの動きはasファイルに書く

Particle.as

import com.mosesSupposes.fuse.*;
import mx.transitions.easing.*;
class Particle extends MovieClip {
    function Particle() {
        com.mosesSupposes.fuse.ZigoEngine.register(com.mosesSupposes.fuse.Fuse, com.mosesSupposes.fuse.PennerEasing);
    //ベジェのX軸
    var conX:Number = Math.random()*50;
    //ベジェのY軸
    var conY:Number = Math.random()*50;
    //アニメの時間
    var Time:Number = Math.random()*2;
    //終点の位置
    //x座標
    var End_px:Number = Math.random() * 960;
    //y座標
    var End_py:Number = Math.random() * 240;
   
        var f:Fuse = new Fuse();
        f=new com.mosesSupposes.fuse.Fuse([{target:this,_bezier_:{x:960,y:End_py,controlX:conX,controlY:conY},seconds:Time,ease:"easeOutQuad",delay:0.5},{target:this,alpha:0,seconds:1.9,ease:"easeInQuad",func:"deleteThis"}]);
        f.start();
    }
    function deleteThis() {
        removeMovieClip(this)
        trace("消します");
    }
}

一個一個のtipの動き等はFusekitを使ってパラメータはランダムにするためにMath.random()を使う。

これで動きをカスタマイズするときはそのasファイルを見るだけでOK。
いままで書いて長くなりすぎていたものがすっきりしました。

これからはこれでいこ。



PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © painkiller_blog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[10/08 イズカワタカノブ]

最新TB

ブログ内検索

アクセス解析

ブログを評価する「ブログレーダー」